躁と鬱

数日前から鬱期に入ったようだ。

今までは鬱期かな?と思ったら逃れようと努力をしたりしたが、意識すればするほど深みに嵌る。

時間が解決してくれる。

気持ちの問題だ。何かのキッカケで元にもどる。

 

この頃は睡眠導入剤はまったく必要としない。

夜、10時のテレ朝のニュースをチラッと視てベットに入る。

直ぐに眠れる時もあるが、そうでなかったら少し読書する。

寝ても2時間程度、熟睡するようだ。そこからが自分の時間、録画してあるTVを視たり読み掛けの本のページを開く。

時によっては、朝5時に配達される朝刊に眼を通し、そこからが睡眠となる。

10時ごろに起床する。

 

ノーベル賞の時期になると毎年話題となる村上春樹氏の本は10冊ほど書棚にある。一冊として完読していない。何でだろう?といつも思う。

同じ棚に、村上龍氏の著作も5冊ほどあるが、完読した本は一冊もない。読んでいて楽しくない。読みづらいのが原因だ。私の感性に合わない。

途上人物の多い本は苦手だ。中国人、英語名、外国人の名前が覚えられない。この私の悪い癖を治すために「相関図」に書いてみたりしたがいつのまにかやめてしまった。

根気強くない私の性格が読書にもあらわれる。

 

この頃、生きていて楽しくない。いつ死=消滅となっても心残りが無いだろう、と思う。完璧に人生を過ごしたから‥ではなく、これから生きていても何の取柄もないことを知っているからである。

「余生」というのだろう・・・・

生が余ったしまった・・・